魅惑の慶良間諸島 - リーファーズでダイビング体験(那覇発)

ジェシカ・ホウ
2018.06.27 261 views

南国からこんにちは!Okinawa Holiday Hackersのジェシカです。

6月の沖縄は梅雨が終わり、ダイビングに最適な季節になります ^ ^

 

これまでのわたしの記事を読んでくれた方は、もうすでにテーマに気付いたかもしれません…

 

▼わたしの過去の記事はコチラ!

 

 

今回もずばり、アウトドアアドベンチャーです!

 

地上でおこなわれるアクティビティ以外で、私の五感を高めながらストレス解消してくれるのはスキューバダイビング

 

透明なエメラルドの海と美しいサンゴに囲まれた沖縄は熱狂的なダイバーが行く日本一の行き先と言われています。

沖縄の定番ダイビングスポット「青の洞窟」について聞いたことがあるかもしれませんが、

今回は、海の生き物とサンゴが豊富な慶良間(ケラマ)諸島へ行くことにしました。

 

ダイビング会社の名前は「リーファーズ」。

 

 

クチコミ評点のほとんどが5つ星だったので、期待値は高かったです。

慶良間諸島の水中マジックをぜひリーファーズで体験してみたいと思い、予約しました!

 

1回や2回だけじゃなくて、3回潜れるプランで行きました☆

 

▼このプランの予約・詳細はコチラから!

 

さて、リーファーズで体験した水中マジックをご紹介します!

 

 

日の出とともに起床

 

集合場所は那覇市の三重城待合所です。

集合時間は7:50と朝早いですが、ラッキーなことに私たちは三重城港の近くに住んでいるので好都合でした。

 

那覇市街からのアクセスが良いので、リーファーズを利用するときは那覇市内のホテルに宿泊することをおすすめします ^ ^

 

▼那覇市内のホテルを予約する!

 

→集合場所は三重城港。

 

→集合場所にはロッカーもあります。

 

→ダイビングへ向かう前に同意書の記入をお忘れなく!

 

→いよいよさぁ出発♪

 

出発前に船上で説明があります。中国語と英語を話せるスタッフがいてすべて通訳してくれるので、言葉の壁については心配しないで大丈夫です!

 

 

 

泳ぐのが得意じゃないし、ダイビングのライセンスを持っていなくても参加できますか?

 

答えは、YES。大丈夫です。

実際は初歩的なダイビングのみで、インストラクターが私とパートナーを手で引っ張っていってくれました。もちろん、水が得意に越したことはないですが、実際ダイビングには水泳能力の有無は関係ないです。

 

おもしろい事実☆:

初めてのダイビングの時、私は緊張と恐怖でまったく動けずインストラクターに頼りきっていたので、パートナーに水中ミイラみたいだったと言われてしまいました。

泳げなくても心配はいりません、ダイビングを思いっきり楽しむことができますよ!

 

→2017年10月の初めてのダイビングの写真です。

私(写真・右)がどれだけ緊張していたか伝わるかわかりませんが、ブルブルでした。。

 

 

ダイビング用品

 

ダイビングの装備はウエットスーツやグローブ、ウェイトベルトなどを含めすべてリーファーズが用意してくれます。

冬場には防寒のためのフード付きベストもありますよ♪

 

 

→ダイビングマスクとフィン

 

 

ケラマブルー

 

およそ30分間ボートに揺られ(乗り物酔いする方は事前に必要な薬を用意してください)、最初のスポットに到着…

 

 

第1ポイント:儀志布(ぎしっぷ)島

 

→この瞬間を待っていたわ~♡

 

→Holiday Hackersとしてお仕事してきます!

 

→準備を始めて・・・

 

 

 

→謎の決めポーズ・・・☆

 

↓↓↓いざ、サンゴの世界へ↓↓↓

 

→インストラクターさん「それでは冒険を始めましょう!」

 

→私(動画・左)が耳抜きに必死なの、わかりますか?笑

 

全体を通して最も難しかったのは何といっても潜っていく時の耳抜きです。

耳抜きで最も一般的なのは鼻をつまんでゆっくり息を送る方法ですが、私はいつもつばを飲みこんで喉の筋肉を使って耳の痛みを和らげる方法でおこないます。

 

→しばらくすると耳抜きにも慣れてきます。

 

潜っていくと、水中のお花畑が目に入り、陽の光が海の中へ射し込む素晴らしい景色が見えます。

さらにソフトコーラルやハードコーラルがたくさんの生き物たちに囲まれていて、波の下の秘密を知れた瞬間、鳥肌が立ちました。

 

→ファインディングニモ~♪

 

 

未知の世界へ

 

第2ポイント:座間味(ざまみ)島

 

ウミガメの生息地として有名な座間味島が2つ目のダイビングスポットです。

残念ながら今回のウミガメはシャイで、私たちには会ってくれませんでしたが、他のダイバーさんには会ったようです ^ ^

 

→いつか君と一緒に泳ぎたいな!(写真提供:リーファーズ)

 

座間味島ダイビングの目玉、水中洞窟へ。

太陽の光が洞窟に射し込んでブルーの光が魅惑的です♡

 

 

洞窟の中に入っていくには深く潜る必要があり、何度も耳抜きが必要で大変でした。

でも、そこからの景色は苦労してでも見る価値があります。好奇心旺盛な魚の群れが自分の周りを泳ぎ回ります。

洞窟の中まで潜ってくるダイバーさんが他にいなかったので、誰もいない海を見ることができますよ…!心震える体験です!

もっと撮影したかったのですが、水深が深すぎてGoProが使えませんでした。

 

完全に誰もいない海を見ることが出来ますよ…!心震える体験です!

 

→岩と岩の隙間は狭かったですが、インストラクターさんのおかげで通ることができました。(写真提供:リーファーズ)

 

→サンゴを間近で見てみると、写真のような不思議な子がいて驚きがいっぱいですよ☆(写真提供:リーファーズ)

 

 

現実に戻る

 

ダイビングの後、私たちはヘトヘトでした。このダイビングパッケージにはお昼(お弁当)が含まれているので、エネルギーを補給できます~♪

 

→上甲板で休憩!

 

こんなに海がキラキラしてるんです。♡

 

フレンドリーなスタッフさんとも写真を撮りました。ほとんどのスタッフさんがみな簡単な英語を話せます!

 

→リーファーズ代表、コウジさんと!

 

→インストラクターさんとも♡

 

慶良間諸島は素晴らしいサンゴと深さがあり、透明度も高くダイビングにはもってこいの場所だと言えます。

 

本来は3か所めぐるプランですが、今回は波の高さで第1ポイントの儀志布島、第2ポイントの座間味島の2か所のみでした。

その日の天候や、波の高さによってめぐれる場所と回数が変更になることがありますので、その都度インストラクターさんの指示にしたがいましょう!

 

以上が水中マジックでトップクラスの美しさを誇る慶良間諸島での私の思い出深い経験です。

みなさんもカラフルなサンゴをいっぱい見つけてくださいね♪

 

▼事前の予約を忘れずに。ゴールデンウィークと夏季は繁忙期ですよ~

▼このプランの予約・詳細はコチラから!

 

  • 1回目のダイビングはプラン料金に含まれていますが、2回目と3回目は追加料金がかかります。

    → 追加料金はダイビングの場合、1回につき5000円になります。

    → シュノーケリングの場合、無料でお楽しみいただけます。

 

 

<リーファーズの基本情報>

営業時間 9:00~19:00

定休日なし

駐車場 あり・有料(1日1台につき\500)
マップコード 33 154 774*76
集合場所 〒900-0036

那覇市西3-20

当日持参するべきもの バスタオル、水着、着替え、酔い止め薬、ゴープロなどの水中カメラ

 

 

♡最新情報はInstagram・Facebookをフォローしてね♡

 

 

ジェシカ・ホウ

この記事を書いた人:ジェシカ・ホウ

香港生まれの大学生。カナダ留学を経て、現在イギリスの大学に在籍中。 趣味はカフェめぐりと動物観察。 旅行に対する情熱が私をここ沖縄に連れてきてくれました。今の目標はスキューバダイビングの資格をここ沖縄で取得することよ。