【観光情報】バス好き必見!?現役で走る昭和生まれの730バスに乗ってみよう!

イニー
2021.08.13 230 views

 

はいさ〜いOkinawa Holiday Hackersのイニーです

 

今回紹介するのは少しマニアックな内容をお届け!

 

走る歴史?現役の昭和生まれの路線バス

 

沖縄には「730(ナナ・サン・マル)バス」の愛称でバス好きに人気の路線バスがあります。

なんと、昭和生まれのバスで全国的にみても珍しいバス。

丸みある見た目はレトロでかわいさもありますね♪

 

730バスとは!?

1978年7月30日に沖縄では右側通行から左側通行に変わる大きな交通事情の変化があり、この交通区分変更を事前に周知するキャンペーンが「730(ナナ・サン・マル)」と言われました。

 

一夜にして右側通行から左側通行に変わるので、これまで使用していたバスは右側に乗降口があるので使用できない、沖縄県の各路線バス会社は新車の左側通行用のバスを導入したんですよ、ビックリですよね〜

その時に導入されたバスが今では、730バスという名称で呼ばれ、

2021年現在も県内で沖縄バス、東陽バスの2社が1台づつ現役で使用されています。

 

イニーが幼少期の2000年台前半頃までは、こんな感じのバスが街中を走っていて、利用していた記憶もありますが、現在は2台にまで数が減ってしまってるんですね〜

 

 

保有車両情報

 

沖縄バス株式会社

沖22か1064 三菱ふそうMP117K新呉羽車体 1978年式

 

東陽バス株式会社

沖22か・906 日野自動車RE101日野車体 1978年式

 

ナンバープレートも「沖縄」の表記ではなく「沖」だけの表記になっています。

沖ナンバーと言われ、こちらも珍しいポイント

 

この2台のバスはモノコック構造という造りで、現在主流のバスでは見られない構造です。モノコック構造の現役バスは日本で数台、片手で数えるられる程度。

2台も現役で稼働し、曜日限定ですが定期運行している沖縄はかなり珍しいですよ♪

 

写真の一番左が730バスで、右の2台は現在主流のバス。後ろから見比べた様子ですが、

730バスは丸みがあり、現代のバスは角ばった箱というようなイメージ!

 

車内の様子

 

沖縄バス保有の730バスの車内の様子はこのようになってます♪

 

車内はこの様な感じ、現在のバスとは違った雰囲気があります

網棚や照明の形、手すりや座席など、昭和レトロです。

 

降車ボタンも今のものと違って小さく、レトロチックです。

 

整理券も現在の感熱紙が支流ですが、730バスはインク式のスタンプになってます。

このインクのかすれた感じが味ありますね。

ここまで旧型のバスだと現金のみ!?と思うかもしれないですが、沖縄県内で発行されている交通ICカード(OKICA)に対応しています。

 

730バスに乗るには?

 

沖縄バスでは特別運行や故障などを除いて、毎週日曜日の午前中に一般路線で運行していています。基本は次のような運行になってるよ

 

 

39系統 南城線【南城市役所行き】

那覇バスターミナル 7時08分発→南城市役所 7時52分着

339系統 南城〜結の街線【結の街(国立劇場沖縄)行き】

南城市役所 8時36分発→結の街(国立劇場沖縄) 9時38分着

339系統 南城〜結の街線【南城市役所行き】

結の街(国立劇場沖縄) 10時10分発→南城市役所 11時17分着

39系統 南城線【那覇バスターミナル行き】

南城市役所 11時46分発→那覇バスターミナル 12時34分着

 

東陽バスも毎週日曜日の午前中に一般路線で運行しています。

基本は以下の路線で運行しています。

 

 

191系統 城間線【循環】

馬天営業所7時00分→城間7時52分→馬天営業所8時45分

馬天営業所9時30分→城間10時26分→馬天営業所11時30分

馬天営業所12時15分→城間13時11分→馬天営業所14時16分

 

運行路線図はこちらから確認してください

「のりものNAVI Okinawa 」バスの現在地

 

※状況により運行していない場合があります。ご了承ください

 

沖縄バスに乗って力強い登りを楽しもう

 

南城市役所発着の沖縄バスは新里坂(しんざとびら)を通ります。

新里坂は高低差約150mを約1.2kmで結ぶ沖縄随一の急勾配な坂なんです!

南城市役所発は降り、南城市役所着は登りで通り、特に登りは力強く登る感じが楽しめます。

39系統・339系統の下り路線に乗ってみてね!

 

昭和の生まれの現在も大事にされる現役路線バスに皆さんも乗ってみませんか?

 

南城市の移動に便利なNバス

 

730バスとは違いますが、起点終点となっている南城市役所には、

地域公共交通バス『南城市Nバス』の起点終点にもなっているので、南城市の移動にNバスも利用してみませんか?

 

南城市Nバスを利用して南城市を旅してみたよ!記事はこちらから

現在オーダーメイドツアーは開催されていませんが、Nバスで巡れるスポットの参考にしてみてね♪

 

イニー

この記事を書いた人:イニー

沖縄生まれ沖縄育ちの県産品。 飛行機とコーヒーが大好き! 飛行機好きが影響してか自分が飛ぶことにもハマり中! 旅行プランはコーヒーショップ巡りと飛行機撮影ができれば満足な変わり者。 悩みは腰痛がキツイこと。