“沖縄本島から車で行ける離島”伊計島にある透明度抜群の天然ビーチ!

Okinawa Holiday Hackersをご覧の皆さん、こんにちは(^^)

今日は、以前にご紹介した、沖縄本島から車で行ける “大泊ビーチ” と同じ伊計島にあるもう1つの天然ビーチ「伊計ビーチ」をご紹介♪

 

伊計ビーチへようこそ〜

 

 

これを言うのは二度目ですが、、、、

うるま市の “うるま” は「サンゴの島」という意味♪

そう、その名を裏切らない!透明度抜群の海!!!

 

▼大泊ビーチの海も、もう一回見とく?︎▼

 

 

伊計ビーチの入り口を入ると、おしゃれな看板がみなさんをお出迎え\(^O^)/

晴れ渡る青い空と木々の緑、波模様の入ったサバニもプラスして、南国感あふれる空間になっています。

 

~サバニとは?~

沖縄で古くから使われていた漁船の名称。今は、沖縄の伝統行事「ハーリー」の時に使用されています。

 

訪れた際は、是非ここで写真を撮りましょうね~!

 

▼みんなのInstagramをのぞいてみる▼

 

 

 

伊計ビーチは、干潮時でも楽しめるビーチとして知られています♪

潮が引いても、ゴツゴツした岩が海面に上がってこないので、一日を通してどの時間帯でも泳げるんです。

 

 

砂地になっている海底は素足でも痛くない♪

 

 

太陽が真上にくる時間帯は、海の底まで陽の光が差し込み、すごく透き通って見えます。海に入って足元を見ると、自分の足が鮮明に確認できるぐらいに透明度が高い♪

 

 

伊計ビーチはマリンアクティビティや施設も充実♪

 

 

伊計ビーチはマリンアクティビティが豊富でレンタル品も数多く取り揃えています♪

なので、手ぶらで来ても大丈夫!その場の気分で何を楽しむか決めちゃえばいい!!!

 

体験ダイビングやシュノーケルも行っているようなので、海の中をのぞきたい方は是非トライしてみてね!カラフルなお魚さんが待っていますよ〜♪

 

アクティビティの詳細は伊計ビーチホームページからご覧くださいね。

 

 

ビーチパーラー

 

 

ビーチ内にはパーラーもあり、ハンバーガーやアイスクリームなどの軽食を楽しむことができます♪

 

泳いで疲れたら、かき氷で喉を潤しつつ、綺麗な海を眺めて、、、

はぁ、幸せ( ・∇・)

なーんて、ビーチでしか味わえない小さな幸せを皆さんも感じてくださいね。笑

 

 

パーラーを案内する看板もおしゃれ♪

 

 

貸しテント

 

 

伊計ビーチはBBQもでき、地元の人たちにはビーチパーティーの場所としても人気があります♪その理由は、キャンプもできる!!

なので、ビーチの利用料金も、【日帰り】と【休憩所(キャンプ)】に分かれています。

貸しテントを借りて、休憩所料金で入れば、ビーチ営業時間終了時後の利用も可能なんですよ^^

 

もちろん夜の遊泳は禁止ですので、ご注意ください。

 

 

キャンプ&貸し部屋(クーラールーム)

 

 

さらに!

伊計ビーチには、宿泊できる施設もあり、ファミリーやビーチでお酒を楽しみたい方にはもってこい!!エアコン付きの “クーラールーム” が借りられるのは伊計ビーチにしかない魅力ポイント♪

 

1泊7000円〜泊まれるようなので、利用してみるのはいかがでしょうか。

 

伊計ビーチなら、海水浴やマリンアクティビティだけでなく、ひと味ちがったビーチの過ごし方ができるかもしれませんね( ^ω^ )

 

皆さんもぜひ伊計ビーチに足を運んでみてくださいね♪

 

 

施設利用料

あり(大人/日帰り400円・休憩所600円)

※子供料金や細かい料金設定は伊計ビーチのホームページよりご確認ください

駐車場 あり
シャワー あり(200円)
ロッカー/更衣室 あり
遊泳時間 9:00~17:30
マップコード 499 794 065*28
住所 〒904-2421 沖縄県うるま市与那城伊計405

備考

レンタル品、アクティビティの詳細は伊計ビーチホームページよりご確認ください。

 

 

\伊計島のリゾートホテルもあわせてチェック♪/


① AJリゾートアイランド伊計島


写真提供:AJリゾートアイランド伊計島

 

▼予約・詳細はコチラから!

 

 


② ホテル浜比嘉島リゾート


写真提供:ホテル浜比嘉島リゾート

 

▼予約・詳細はコチラから!

 

 

また、伊計ビーチ近くで開催されているアクティビティもありますよ!

▼予約・詳細はコチラから!

Okinawa Holiday Hackers 編集部

この記事を書いた人:Okinawa Holiday Hackers 編集部

沖縄のおすすめスポットや、魅力的なヒト・コト・モノ、さらには一歩踏み込んだ沖縄旅行の楽しみ方やハウツーを紹介します。