【観光体験】EVバス「やんばる黄金(くがに)号」に乗って巡る【やんばるの森ネイチャーガイドツアー】に参加してみた

イニー
2022.07.06 295 views

 

はいさい!ぐすーよーちゅーうがなびら!

(こんにちは!皆さんご機嫌いかがですか!)

 

今回は2021年7月に世界自然遺産に登録されたやんばるの森を学ぶべく、

沖縄本島最北端の国頭村にある「道の駅ゆいゆい国頭」にやってきました〜

 

イニーはこれからやんばるの森ネイチャーガイドツアーに参加してきます^o^

 

EVバス「やんばる黄金(くがに)号」でやんばるの森を学ぶ!

 

まずは事前予約をしたバスツアーの受付を、

「道の駅ゆいゆい国頭」に隣接する「国頭村観光協会」で行います。

 

やんばるの森に入り学ぶにあたって、誓約書にチェックをつけて署名をします。

 

「ゴミを捨てず持ち帰る」や「動植物をむやみに取らない」など、

自然を守るために大切であり当たり前のこと!

もちろん守ることを誓います。

 

こちらが今回乗車するEVバス「やんばる黄金(くがに)号」

走行時のCO2排出がゼロで、音もとっても静か。
やんばるの森に配慮をしたバスなんですよ〜

 

バスの側面はアーティスト「Pokke104」さんによる
やんばるの自然をイメージしたイラストで、

やんばるの昼の生き物と夜の生き物をそれぞれ側面に配置してるので注目。

 

ハッカーズ編集部と今回ガイドをしてくれるナカネさん(一番右)も一緒に1枚。

それでは、やんばるの森ガイドツアーに行ってきます!

 

▼今回参加するツアーはこちら▼

 

バスはロードキル対策で約20kmの低速運行でやんばるの森を進んでいきます。

車内ではやんばるの森についてナカネさんが説明。

 

やんばるの森は第二次世界大戦後や、それ以前の琉球王国時代にも建築資材として多くの木々を伐採しており、人の手が加わったことのある二次林と言われる再生した森。

人の手が加わっていた森で生物の多様性が育まれているのも珍しいとのこと。

 

※二次林(にじりん)

人為的、自然災害などで破壊された自然林が、土中に残った種子や植物体が成長して再生した林や森

 

ガイドさんとの距離が近く、説明の合間に質問や雑談ができるのもツアーの魅力。

 

やんばるの森を歩いてみよう!

 

バスは森の中へと進み、「広域基幹林道大国線」通称大国林道(おおくにりんどう)と言われる、

大宜味村から国頭村まで全長35.5kmやんばるの森を貫く道路に入ります。

 

最初の散策ポイントに到着!

車窓だけでなく実際に下車して空気感や雰囲気を感じれるのはいい体験です。

 

外に出てまず感じたのは涼しい!

この日は晴れで気温も高かったのに森の中と街中では、体感温度が全然違います。

 

風でざわざわーと揺れる木々の音、セミや鳥の鳴き声すべてが心地いいですね〜

 

紫色の綺麗な花が咲いていました。ノボタンという植物で緑の植物が生い茂る中に色があると目立ちます。

自生している植物で、この場所以外にも道の脇に生えていました。

 

季節によって植物もかわり、その時期の植物をガイドさんが見つけてくれます

 

写真左の大きな葉っぱは、某アニメ映画で葉っぱの傘のモデルになった植物「クワズイモ」です。

「食わず芋」とも言われ有毒で、食べると口が痺れたり、腹痛などをおこしてしまうんだとか。

間違っても食べない様に気をつけなくては!!!

 

真ん中の背の高い植物はやんばるの森でよく目にする木で、茎には落葉した葉の付け根跡が残り竜の鱗の様に見えます。これはシダ科のヒカゲへゴで恐竜がいた時代を彷彿させますね。

 

ガイドの説明を聞いたり、質問をしたりしながら約500mほど散策してバスにつきました。

距離は長くないものの色んな植物などがあって見応え抜群!

道も舗装されているので歩きやすく、木の陰で涼しいのであまり汗もかかない。

 

大自然の中で野生児ぽく。自然に囲まれてチムドンドン(心が躍る)

それに、リラックスもできますよね〜自然のパワーをグングン吸収

パワーーー!!!

 

「リュウキュウハグロトンボ」が葉っぱの上で休んでいました〜

植物だけでなく、やんばるの森にしかいない鳥や昆虫を見ることができるかも。

 

姿は見えなかったですが、天然記念物の「ノグチゲラ」や「ホントウアカヒゲ」の鳴き声が聞こえたよ。

 

バスに乗り、車窓から沖縄本島最高峰の「与那覇岳」登山道入り口前を通過。

503mの山で現在は9号目まで登山することができるそうです。

 

大国林道の道沿いに「STOP ROADKILL」の看板がみえてきました。

JALグループの寄付によって設置されました。

「ヤンバルクイナ」や「リュウキュウヤマガメ」など、やんばるの森に住む貴重な生き物が描かれているので、車窓からチェックしてみてくださね。

 

山を降り始めると,車窓から海まで見渡せる場所も!

ツアーの最後まで景色が楽しめちゃう

 

ガイドさんがいると、より一層やんばるの森を楽しむことが出来ましたよ〜^_^

 

電気バスで周るので疲れにくく、予定にも組み込みやすい♪

皆さんも是非ツアーに参加してみませんか?

▼【やんばるの森ネイチャーガイドツアー】はこちら▼

 

【国頭村観光協会】

バスツアー出発時間 6月〜11月
9:30発・12:30発・15:30発
12月〜5月
10:00発・14:30発
最小催行人員 事前要予約
9:30・12:30/2名
15:30/10名
集合時間 出発時間の10分前
所要時間 約2時間
駐車場 あり/無料
マップコード 485 830 345*73
集合場所 〒905-1412 沖縄県国頭郡国頭村奥間1605

 

ツアーの集合場所の「道の駅ゆいゆい国頭」には「からき茶」や「くにがみドーナッツ」など、

国頭の特産もたくさん!皆さんも魅力のあふれるやんばるの森にめんそ〜れ〜

 

 

 

イニー

この記事を書いた人:イニー

沖縄生まれ沖縄育ちの県産品。 飛行機とコーヒーが大好き! 飛行機好きが影響してか自分が飛ぶことにもハマり中! 旅行プランはコーヒーショップ巡りと飛行機撮影ができれば満足な変わり者。 悩みは腰痛がキツイこと。