【必読】車なしで北部グルメ巡り!那覇発「沖縄エアポートシャトル」で日帰りバス旅 〜備瀬フクギ並木編〜

みなさーん!はいたーい!

オキナワ ホリデー ハッカーズの石井です (╹◡╹)ノ

 

今回ご紹介するのは、

私のうしろに停車している【赤いバス】

 

車を使わない沖縄旅行者に大人気!

その名も「沖縄エアポートシャトル」

 

沖縄エアポートシャトルとは、那覇市〜北部エリア(恩納村・名護市・本部町)をつなぐ沖縄県の高速路線バス。毎日22便という運行ペースで、那覇と北部の架け橋的存在として今日も沖縄を走っています♪

 

▼沖縄エアポートシャトルの全バス停

上記17か所のバス停を乗り降りすることができる。

※一部、乗車専用・降車専用のバス停あり。

 

 

ということで今回の企画は〜?

 

ハッカーズの石井が那覇から「沖縄エアポートシャトル」に乗って、北部エリアの【沖縄ローカルグルメ】をどれだけ食べ尽くせるか大検証!!!!!!

 

 

朝8:15発
県庁北口(国際通り入口)

 

今企画のスタート地点は【県庁北口】

一番早い便に乗って出発しました (╹◡╹)ノ

 

▼出発場所のバス停【県庁北口】

 

▼バス停【県庁北口】の位置

ゆいレール県庁前駅から徒歩約3分。国際通り入口にある「みずほ銀行 那覇支店」から徒歩約1分。

 

各バス停の位置がわかる乗降地マップは、公式サイト内「運行ルート・乗り場案内」から確認することができます♪

 

▼いよいよ乗車!

 

車内は、うちわ&無料Wi-Fi付き。うちわはお持ち帰り自由なので、うちわをもらってうちわであおぎながら外を歩き回りましょう♪

 

スマホをいじりながら、快適に那覇から北部へ移動すること約1時間45分……… ^ ^

 

 

朝9:58着
備瀬フクギ並木入口

 

第1スポット「備瀬フクギ並木入口」に到着!

 

一番早い便に乗ったおかげで、なんと朝10時前には到着することができました。バス停から歩いて約2分ほどで備瀬フクギ並木に囲まれます。

 

 

フクギとは、東南アジアなどに分布する常緑植物。沖縄では古くから防風・防潮林として家屋の周りに植えられました。およそ2万本のフクギが立ち並ぶ備瀬フクギ並木は、晴れの日だけでなく、雨の日でも癒やされる沖縄屈指のお散歩スポット (╹◡╹)ノ

 

観光スポットとして人気の高い備瀬フクギ並木は、地元の方々が暮らす「備瀬集落」でもあります。訪れる際はマナーをしっかり守りながらフクギ並木を楽しみましょう。

 

 

<備瀬フクギ並木の基本情報>

駐車場 あり・無料
マップコード 553 105 533*33
住所 〒905-0207

沖縄県国頭郡本部町字備瀬

 

 

バス停から徒歩約20分
フクギ並木を抜けて、お魚探し♪

 

第2スポット「備瀬崎(びせざき)」に到着!

備瀬崎とは手軽にたくさんお魚が見られるビーチ。

 

他のビーチと比べると干潮時は水深が浅く、波も穏やかなのでシュノーケル初心者や、子連れにおすすめのスポット◎◎(満潮時は潮の流れが速くなることがあるので十分ご注意ください。)

 

シュノーケルをしなくても楽しめるのが魅力♪

 

満潮時は岸の方まで潮が満ちてくるので、行くなら干潮時がおすすめ!干潮時は潮が引き、浅瀬が広がるので小さな子供でも近くでお魚が見れるチャンスなのです!

 

 

<備瀬崎ビーチの基本情報>

温水シャワー あり・有料(250円)
トイレ あり・無料
駐車場 あり・有料(500円)
マップコード 553 135 565*54
住所 〒905-0207

沖縄県国頭郡本部町字備瀬

備考 監視員はおらず、クラゲネットもありません。海で遊ぶ際は自己責任になるので、無理はせず安全第一で楽しみましょう。

 

 

備瀬のローカルグルメ
世界でココだけのコラーゲンスープ

 

第3スポットのランチ場所に到着!

グルメ巡りなのに全然食べてなくね?と思っているそこのあなた。お待たせいたしました。フクギに囲まれた古民家が特徴の食堂にやって来ましたよ〜♪

 

▼その名も「コッコ食堂」

備瀬崎からフクギ並木を歩いて約20分。

 

メニューは「地鶏黄金そば」と「地鶏鶏飯」の2種類

 

▼なかでも人気なのが「地鶏黄金そば」(850円)

 

鶏由来コラーゲン(特許製法)がたっぷり使用された、コッコ食堂でしか食べることのできない【コラーゲンスープ】がたまらなく美味しい。

コッコ食堂の店主はこちらのコラーゲンスープを飲んで肝硬変が治ったそう!体に良いと噂のコラーゲンスープをみんなも一度味わうべし (╹◡╹)!!

 

 

<コッコ食堂の基本情報>

営業時間 11:30〜14:00
定休日 毎週火曜日
駐車場 あり・無料
マップコード 553 105 507*64
住所 〒905-0207

沖縄県国頭郡本部町355

 

 

バス停からすぐ
備瀬のスイーツ処と言えばココ!

 

第4スポットは、沖縄エアポートシャトルのバス停

「備瀬フクギ並木入口」から徒歩約1分以内

 

▼その名も「okinawasun(オキナワサン)」

バスの待ち時間に最適 ◎

 

▼沖縄県産のフルーツを使ったドリンクが飲めます

左から「ドラゴンフルーツのマーブル島スムージー(770円)」と「季節の島フルーツスカッシュ(550円)」

 

かわいい外観と内観に夢中で、沖縄エアポートシャトルの出発時間に乗り遅れないよう要注意!笑

 

 

<okinawasunスムージーの基本情報>

営業時間 13:00〜17:00
定休日 毎週日曜日と月曜日

祝日は不定休です。

駐車場 あり・無料
マップコード 553 106 511*66
住所 〒905-0207

沖縄県国頭郡本部町字備瀬224

 

 

備瀬フクギ並木入口 13:26発
おんなの駅 15:18着

 

沖縄エアポートシャトルに乗って次の目的地へ!

 

▼バス停「おんなの駅」で下車

 

おんなの駅とは、沖縄の絶品ローカルグルメがそろう道の駅。地元の方たちから長く愛されている場所です。

 

 

たくさんある店舗の中から今回は、

ハッカーズおすすめの3店舗を厳選してご紹介♪

 

 

今回紹介している「沖縄エアポートシャトル」

 

 

よくある質問に「観光バスツアーですか?」と聞かれますが、沖縄エアポートシャトルは各スポットを乗客全員で1つ1つ巡るような観光バスツアーではありません。車内にはバス運転手はいますが、添乗員やバスガイドは不在です。

一般的な路線バスのように、各バス停に沖縄エアポートシャトルが回って停車し、人が乗り降りするイメージです♪どこのバス停で乗り降りするか、バスを降りたらどこに行くかは自分次第 (╹◡╹)ノ

 

一般的な路線バスのように、次停車するバス停名がアナウンスされる。

 

料金はバス停の区間ごとに決まっているのですが、

私たちは【3日間乗り放題パス】を利用しました!

 

大人3,900円/小人(12才以下)2,900円

「乗り放題パス」は那覇空港国内線・国際線観光案内所、旭橋の沖縄観光情報センター、旅行代理店での限定販売。

 

「免許ないけど北部観光&北部宿泊してみたい!」という沖縄旅行者にとっては夢のようなチケット。しかも3日間で1人4,000円以内という低価格。

 

乗り放題パスは、3日間もしくは5日間から選びます。「行きと帰りの2回分だけで大丈夫!」という方は料金が安くなる【2回乗車券】もあるので、そちらの購入がおすすめ◎

 

●購入方法は3種類●

  1. 公式サイトからネット予約

    乗降するバス停2つを選択する「区間ごとの購入」ができる。

  2. 沖縄県内に26か所あるチケット販売所で購入

    一部販売所では「2回乗車券」や「乗り放題パス※」も購入可。【チケット販売所】の一覧は公式サイト内「購入方法」をチェック!

  3. ファミリーマート(ファミポート端末)で購入

    「2回乗車券」のみ購入可。購入方法などの詳細は公式サイト内「2回乗車券」をチェック!

 

※「乗り放題パス」は那覇空港国内線・国際線観光案内所、旭橋の沖縄観光情報センター、旅行代理店の限定販売になります。

 

 

ハッカーズおすすめ店舗①
【沖縄】を食べ尽くせるカレー!

 

 

第5スポットは、

おんなの駅内にあるカレー屋「カリーサビラ」

 

▼人気メニューのスペシャルプレート(980円)

沖縄の形をしたうっちん(ウコン)ライスのまわりには、ゴーヤの和え物とブタ肉、冬瓜、オクラ、チキン、EMたまごがトッピングされている。

 

見た目も中身も沖縄感120%のカレーライス。

おんなの駅でガッツリ食べたい!というときはぜひカリーサビラへ (╹◡╹)ノ

 

 

ハッカーズおすすめ店舗②
軽食にぴったりな【ウニソース】

 

 

第6スポットは、同じくおんなの駅内にある

「恩納村水産物直売店 浜の家(はまのや)」

 

海産物の上に【ウニソース】がたっぷり乗っているメニューが大人気!

 

▼想像以上にウニたっぷり…!

左上からロブスターのウニソース(1個1,500円)、3つ並んでいるのがムール貝のウニソース(1個120円)、丸い形をしているのがホタテのウニソース(1個250円)

価格がお手頃なムール貝が一番人気とのこと♪

 

ローカル感丸出しのウニソース。

おんなの駅でちょっと小腹が空いたな!というときはぜひ浜の家へ〜♪

 

 

ハッカーズおすすめ店舗③
デザートに人気の【リュウピン】

 

最後の第7スポット!

 

 

おんなの駅内にある

かき氷屋「琉冰(リュウピン)」

 

多いときは1日100個も売れる人気メニュー

▼トロピカルフルーツ(1,200円)

パイナップルと、マンゴー、パッションフルーツ、マンゴーアイスが贅沢に使われているかき氷。

 

サイズは大きいので、2〜3人でシェアしながら食べるのがおすすめ!

おんなの駅でスイーツが食べたい!というときはぜひリュウピンへ ^ ^

 

<おんなの駅なかゆくい市場の基本情報>

営業時間 10:00〜19:00
定休日 なし
駐車場 あり・無料
マップコード 206 035 768*46
住所 〒904-0415

沖縄県国頭郡恩納村字仲泊1656-9

 

 

おんなの駅 16:48発
旭橋駅・那覇バスターミナル前
17:48着

 

第1〜7スポットを巡り、沖縄エアポートシャトルに乗って那覇の「旭橋駅・那覇バスターミナル前」へ帰ってきました。

北部グルメ旅、いかがでしたか〜?

 

実は私が沖縄エアポートシャトルの紹介をするのはこれで2回目!(╹◡╹)ノ

1回目の紹介では、沖縄エアポートシャトルを使って那覇から北部エリア・恩納村のおすすめスポット5か所を日帰りで巡るバス旅企画を行ないました♪

 

▼1回目の様子

 

▼1回目の記事を読む

【検証】車なしで北部観光♪那覇発「沖縄エアポートシャトル」で日帰りバス旅 〜恩納村編〜

 

「車がないけど北部を楽しみたい!」という沖縄旅行者から絶大な信頼を得る沖縄エアポートシャトル。レンタカーを借りる予定がない方、とっても便利なので次の沖縄旅行にぜひご利用ください!!

 

■沖縄エアポートシャトルについてもっと知る

石井 文月 (いしい ふづき)

この記事を書いた人:石井 文月 (いしい ふづき)

大阪生まれ・埼玉育ちのかに座。 満員電車で通勤する自分が想像できなくて沖縄で働くことを決心し、来沖。猫背が悩み。