【検証】車なしで北部観光♪那覇発「沖縄エアポートシャトル」で日帰りバス旅 〜恩納村編〜

那覇空港からこんにちはー!

オキナワ ホリデー ハッカーズの石井です(╹◡╹)

 

今回ご紹介するのは、

私のうしろに停車している【赤い乗り物】

 

その名も「沖縄エアポートシャトル」

 

沖縄エアポートシャトルとは、那覇市〜北部エリア(恩納村・名護市・本部町)をつないでいる沖縄県の高速路線バス。毎日26便という運行ペースで、那覇と北部の架け橋的存在として今日も沖縄を走っています♪

 

 

\ \ \ ということで今回の企画は / / /

 

ハッカーズの石井が那覇から「沖縄エアポートシャトル」に乗って、北部エリア「恩納村」をどれだけ楽しく回れるか検証していきます!!!!!!

 

 

 

朝9:00発
那覇空港 国内線

 

今企画のスタート地点は【那覇空港 国内線】

一番早い便に乗って出発しました〜♪

 

▼集合場所のバス停①

国内線到着口を出て、4番出口からが一番近いです。

 

ちなみに、那覇にある沖縄エアポートシャトルの乗降地は計4か所

 

  1. 那覇空港 国内線

  2. 那覇空港 国際線

  3. 県庁北口(乗車専用)

    ゆいレール県庁前駅から徒歩約3分

  4. 旭橋駅那覇バスターミナル前(降車専用)

    ゆいレール旭橋駅から歩いて約2分

 

那覇空港国内線・国際線は乗降ともに利用できますが、県庁北口は那覇から北部に向かうときのみ利用可能です!旭橋駅那覇バスターミナル前で待っていても北部行きのバスは来ないのでご注意ください。

それぞれの乗降地マップは公式サイト内「運行ルート・乗り場案内」から確認できます♪

 

▼いよいよ乗車!

 

車内は、うちわ&無料Wi-Fi付き。

温度良し!スマホのサクサク度良し!!快適な北部旅スタートです!!!

 

 

 

朝10:49着
ナビービーチ前

 

 

第1スポット「ナビービーチ前」に到着!

バス停から歩いて約3分ほどでナビービーチにたどり着きます。

 

 

ナビービーチは遊泳エリアがしっかり決められていて、監視員もいるので安心して泳げるのが特徴。比較的波も穏やかなのでお子さま連れにもおすすめのビーチです(╹◡╹)

 

ナビービーチ名物「ビッグスマイルのビッグシーサー」との記念写真も忘れずに〜!

 

沖縄エアポートシャトルのバス停横には公園もあります。ビーチだけでは遊び足りないという子供には、次のバスが来るまで公園で遊ばせるのもおすすめ。

 

<恩納海浜公園ナビービーチの基本情報>

遊泳時間 【4月〜6月・10月】9:00〜18:00

【7月〜9月】    9:00〜19:00

シャワー/更衣室/ロッカー あり・有料
トイレ あり・無料
駐車場 あり・無料(200台)
マップコード 206 283 574*10
住所 〒904-0411

沖縄県国頭郡恩納村恩納419-4

 

 

 

ナビービーチから徒歩約15分
「ポケ丼」を食べに来たよ!

 

第2スポットのランチ場所に到着!

ハワイの代表的なローカルフード、ポケボウル(通称:ポケ丼)専門店にやって来ました〜♪

 

▼その名も「808 POKE Bowls OKINAWA」

先ほどのナビービーチから歩いて約15分。実際に歩いてみたところ、1本道をまっすぐ歩けば到着するので、初めての方でも迷うことなくたどり着けます。

 

808 POKE Bowls OKINAWAでは、ポケ丼を【自分好みにカスタム】する注文スタイル。メニューにあるお米のタイプやポケの具材、味、トッピングをそれぞれ選び、2つのポケ丼を注文しました ^ ^

 

左は白米/マグロ・サーモン・タコの具材/ハニー味噌味/レギュラートッピングに追加で海ぶどうのポケ丼(1,250円)

右は十六穀米/マグロ・サーモンの具材/しょうゆ味/レギュラートッピングに追加で枝豆のポケ丼(1,000円)

 

営業時間は11:00〜20:00ですが、売り切れ次第終了なのでお昼時間に行くのがおすすめ!私たちは平日11:45頃に行きましたが、並ばずに入ることができました。

 

 

<808 POKE Bowls OKINAWAの基本情報>

営業時間 11:00〜売り切れ次第終了
定休日 毎週水曜日
駐車場 あり・無料
マップコード 206 282 038*30
住所 〒904-0411

沖縄県国頭郡恩納村字恩納2326-1

 

ナビービーチとポケ丼を満喫したところで、

「沖縄エアポートシャトル」に乗り次の目的地へ!

 

★沖縄エアポートシャトルは1日26便運行中〜♪

★時刻表やそれぞれのバス停区間の乗車料金は、

 公式サイト内「時刻表・料金」から確認してね ^ ^

 

 

 

ナビービーチ前 12:51発
サンマリーナビーチ前 12:57着

 

沖縄エアポートシャトルに揺られて約6分。

第3スポット「サンマリーナビーチ前」に到着!

 

 

お目当ては、バス停から徒歩約3分の場所にあるこちらのホテル。

 

 

白い砂浜が約400メートルにも広がる透明度バツグンのビーチを持つ、「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」にやって来ましたー!!!

 

恩納村の中でも透明度が最高級と言われているサンマリーナビーチ。私たちが行ったときはなんとアバサー(沖縄の方言で「ハリセンボン」)の集団と、エイを間近で確認することができました!!

 

※特別な許可をもらい桟橋から撮影しています。

 

海の生き物たちも遊びに来るほど美しいサンマリーナビーチ。宿泊される方以外でもビーチを楽しむことができるので、是非とも行ってみてくださいね♪

 

 

ちなみに「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」内には子連れに嬉しいスポットがいっぱい ^ ^ 誰でも自由に絵が描ける白い壁があったり、24時間安全に遊ぶことができるキッズプレイエリアや、沖縄の海の生き物がたくさん見れる中池があったりなど、子連れ宿泊としてもとってもおすすめなのです◎

 

<サンマリーナビーチの基本情報>

遊泳時間 8:30〜17:30

※季節により変動がございます。

シャワー/更衣室/トイレ あり・無料
ロッカー あり・有料(1個200円)
駐車場 あり・有料(1時間500円)
マップコード 206 127 769*38
住所 〒904-0413

沖縄県国頭郡恩納村字冨着66-1

公式サイト シェラトン沖縄サンマリーナリゾート公式

 

 

このあと石井が、日本では沖縄にしかない

 “海越え” メガジップラインに大挑戦!!!

 

 

今回紹介している「沖縄エアポートシャトル」

 

料金はバス停の区間ごとに決まっているのですが、

私たちは【3日間乗り放題パス】を利用しました!

 

大人3,900円/小人(12才以下)2,900円

「乗り放題パス」は那覇空港国内線・国際線観光案内所、旭橋の沖縄観光情報センター、旅行代理店の3か所限定の販売になります。

 

「免許ないけど北部観光&北部宿泊してみたい!」という沖縄旅行者にとっては夢のようなチケット。しかも3日間で1人4,000円以内という低価格。

 

乗り放題パスは、3日間もしくは5日間から選びます。「行きと帰りの2回分だけで大丈夫!」という方は料金が安くなる【2回乗車券】もあるので、そちらの購入がおすすめ◎

 

●購入方法は3種類●

  1. 公式サイトからネット予約

    乗降するバス停2つを選択する「区間ごとの購入」ができる。

  2. 沖縄県内に26か所あるチケット販売所で購入

    「2回乗車券」や「乗り放題パス※」も購入可。【チケット販売所】の一覧は公式サイト内「購入方法」をチェック!

  3. ファミリーマート(ファミポート端末)で購入

    「2回乗車券」のみ購入可。購入方法などの詳細は公式サイト内「2回乗車券」をチェック!

 

※「乗り放題パス」は那覇空港国内線・国際線観光案内所、旭橋の沖縄観光情報センター、旅行代理店の3か所限定の販売になります。

 

 

 

ビーチだけじゃない!!
日本初 ”海越え” メガジップライン

 

第4スポットの舞台は、

先ほどのサンマリナービーチと同じ場所!

「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」

 

日本唯一の “海を越えるメガジップライン” に挑戦できるアクティビティ!!(∩^o^)⊃━━☆゚.*・。

 

 

着替え不要で、専門のハーネスとヘルメットを装着し、乗り方などの安全講習を受けたら出発の順番まで待つだけ!撮影当日は風があったので、スピードを調整するためにマントも追加で装着してもらいました。

 

▼風を切りながら滑走し、爽快感バツグン!!!

 

最初は高さもありちょっぴり怖かったのですが、滑り出してしまえば大丈夫!優雅な海上散歩を楽しめました ^ ^ 想像していたよりかなり爽快で「もう1回乗りたい!」と思わせる250メートルでしたよ♪

 

▼晴れてる日はこんな感じー!

 

ジップラインは日本にいくつかありますが、海を越えるメガジップラインは日本でここ「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」だけ!!!次の沖縄旅行では体験必須のアクティビティです(╹◡╹)

 

<PANZA沖縄の基本情報>

営業時間 9:00〜最終受付17:00
定休日 年中無休
駐車場 あり・有料(1時間500円)
マップコード 206 127 769*38
住所 〒904-0413

沖縄県国頭郡恩納村字冨着66-1

備考 PANZA沖縄公式HP

事前予約は承っておりません。直接現地へお越し下さい。

 

 

 

 バス停からすぐ!
レインボーカフェで一休み

 

第5スポットは、沖縄エアポートシャトルのバス停「サンマリーナビーチ前」から徒歩約10秒!

バスの待ち時間に最適なカフェです。

 

▼その名も「レインボーカフェ」

 

レインボーカフェとは、お店の内観・外観どこを切り取ってもカラフルな写真が撮影できちゃう恩納村のフォトスポットカフェ!暑い日は冷房が効いた室内で、涼しい日はテラス席でゆっくりするのがおすすめ。

 

▼どこを切り取ってもカラフル ^o^

 

左奥がローズホリック(500円)、右奥がマンゴーホリック(500円)、左前がカスタードプリン(650円)、右前がレインボープリン(800円)

 

<レインボーカフェの基本情報>

営業時間 11:00〜18:00
定休日 不定休
駐車場 あり・無料

近くのハンバーガー屋さんの裏に駐車場があります。

住所 〒904-0413

沖縄県国頭郡恩納村字冨着53

 

沖縄エアポートシャトルのバス停「サンマリーナビーチ前」では3つのスポットを紹介しました〜♪

いずれもバス停から徒歩約3分以内の場所にあるので、沖縄エアポートシャトルを利用する際はぜひぜひ行ってみてね(╹◡╹)

 

次なる目的地へGO!

 

 

 

サンマリーナビーチ前 16:14発
ハレクラニ沖縄前 16:45着

 

最後の第6スポットは、

沖縄エアポートシャトルの新しいバス停のご紹介。

 

▼2019年7月にオープンしたバス停

「ハレクラニ沖縄前」

 

バス停の名前にある「ハレクラニ沖縄」とは、2019年7月26日に開業したばかりのホテル。

 

 

ハワイ語で「天国にふさわしい館」を意味する「ハレクラニ」

もともとハワイ・ホノルルのワイキキ・ビーチに面し、ハネムーン旅行の代表格となる高級ホテル。100年以上の歴史をハワイで積み上げてきた「ハレクラニ」のホスピタリティは超一流。そんなハレクラニが2号店を沖縄の恩納村にオープンしました!

 

宿泊や食事の際にぜひご利用ください♪

 

 

 

ハレクラニ沖縄前 17:57発
那覇 19:46着

 

第1〜6のスポットをめぐり、沖縄エアポートシャトルに乗って那覇の「旭橋駅那覇バスターミナル」へ帰ってきました(╹◡╹)

恩納村 日帰りバス旅いかがでしたか〜??

 

北部からの帰りは、旭橋駅那覇バスターミナルのほかにも、那覇空港国内線・国際線の計3か所で降車することができます♪

 

「車がないけど北部を楽しみたい!」という沖縄旅行者から絶大な信頼を得る沖縄エアポートシャトル。レンタカーを借りる予定がない方、とっても便利なので次の沖縄旅行にぜひご利用ください ^ ^

 

 

沖縄エアポートシャトルは恩納村だけでなく、さらに北の方にある名護市や、美ら海水族館がある本部町まで運行しています(╹◡╹)

 

さらに!2019年9月1日までの夏休み限定期間で

【古宇利島まで行ける】無料キャンペーン実施中♪

▼詳細はこちら!

 

▼沖縄エアポートシャトルについてもっと知る

石井 文月 (いしい ふづき)

この記事を書いた人:石井 文月 (いしい ふづき)

大阪生まれ・埼玉育ちのかに座。 満員電車で通勤する自分が想像できなくて沖縄で働くことを決心し、来沖。猫背が悩み。