大きなパワーを秘めた小さな島【浜比嘉島】でのんびりしませんか?

みなさん、はいたーい(^o^)

 

今回Okinawa Holiday Hackersでは、リゾートホテルや自然ビーチがあり、パワースポットとしても知られていて、離島なのに車で行けちゃう魅力たっぷりの「離島」をご紹介します♪

 

 

 

心身共にリフレッシュできる場所
「浜比嘉島」

 

 

浜比嘉島は、沖縄本島・中部エリアにある海中道路を渡り平安座島(へんざじま)と繋がる浜比嘉大橋を通っていく、車で行ける離島。

「浜」と「比嘉」の2つの集落からなる、人口約530人と小さな島です。

 

島は車で1周はできないので、

訪れる際はナビを使用して島を回ってね ^ ^

 

 

 

琉球の祖神が生活をした場所

 

浜比嘉島は、パワースポットとしても知られている島!

本島南部にある神の島と言われている「久高島」と同じく、琉球開闢(かいびゃく)の神話が残る島で、

琉球の祖神アマミチュー(アマミキヨ)とシルミチュー(シネリキヨ)二神の神が生活をしていたと伝えられている島なのです。

 

 

シルミチュー

 

 

二神の神が住んでいたとされる「シルミチュー」。

「子宝祈願」の拝所として、遠方から訪れる人も多いと言われ、島イチバンのパワースポットです!

 

比嘉集落の南の小高い場所にあり、入り口の近くまでは車で行くことができます。大きな鳥居と、緑の屋根に覆われているかのような108段の長い階段。

厳かな雰囲気を、肌で感じることができます。

 

鳥居の前にある、シルミチューの説明板にはこう記されていました。

地元では琉球開びゃく祖神、アマミチュー、シルミチューの居住したところと伝えられている。毎年、年頭拝みには比嘉のノロ(祝女)が中心となって、海浜から小石一個を拾って来て、洞穴内に安置された壺に入れて拝んでいる。また洞穴内には鍾乳石の陰石があり、子宝の授かる霊石として崇拝され、信仰圏の広い貴重な霊場である。

 

 

 

長い階段をのぼった先のこの洞窟に、二神は住んでいたそうです。

 

洞穴の前にたつと、自然と背筋がピンとなるような、すごくエネルギーを感じる場所でした。私が行った時は1組のカップルがこの場所で手を合わせていて、パワースポットとしての人気が伺えました(╹◡╹)

 

皆さんも、浜比嘉島を訪れる際はぜひ足を伸ばしてみてくださいね。

 

 

<シルミチューの行き方>

マップコード 499 490 880*85
住所 〒904-2316

うるま市勝連比嘉1606-33

 

 

 

アマミチューの墓

 

 

比嘉集落にある海に突き出た小さな島(アマンジ岩)は、先にでたアマミチューとシルミチュー二神と他の神が祀られていると伝えられています。

コンクリートの道を進み左側に回ったところにそのお墓があります。

歩いていけますが、満潮の時や、波が高い時は足場が悪くなるので、十分に気をつけてくださいね。

 

浜比嘉島に訪れる際はシルミチューと合わせてお立ち寄りください^^

 

 

<アマミチューの墓の行き方>

マップコード 499 551 366*25
住所 〒904-2316

うるま市勝連比嘉

 

 

 

島にある人工ビーチと自然ビーチ

 

【人工ビーチ】浜比嘉(はまひが)ビーチ

 

 

浜比嘉大橋を渡って右折し、道なりに奥まで行くと現れるのが、県民御用達の浜比嘉ビーチ♪

浜集落にあります。

 

ゴールデンウィークや夏場はバーベキューやキャンプをする人で賑わい、冬場は釣りをしている人を見かけます。

 

また、夜のドライブお立ち寄りスポットとしてもおすすめです!

車で行けるとはいえ、離島。

街の灯りがほとんどなく、月がない日は絶景の星空が輝き、満月の日は月明かりに照らされた神秘的な海を見ることができますよ( ´∀`)

 

昼でも夜でも素敵な表情を見せてくれるビーチです。

 

 

<浜比嘉ビーチの行き方>

マップコード 499 549 522*58
住所 〒904-2315

うるま市勝連浜80-4

 

 

 

【自然ビーチ】ムルク浜ビーチ

 

 

比嘉集落にある天然のビーチです。

 

 

手付かずのビーチは静かでとても穏やか。

青空と、ざざざぁーざざざぁーという波の音。

 

島に包み込まれているかのような、心が満たされる場所です(╹◡╹)

 

ムルク浜ビーチでは10月末までマリンアクティビティもできるようなので、現地に行かれた際は楽しんでくださいね♪

 

 

<ムルク浜ビーチの行き方>

マップコード 499 521 690*65
住所 〒904-2315

うるま市勝連比嘉伊芸上231

 

 

 

タイプの違う2つのホテルで過ごす島時間♪

 

ホテル浜比嘉島リゾート

 

 

ムルク浜ビーチの隣に建つ、リゾートホテル♪

 

 

客室、レストラン、展望浴場、オーシャンビューの造りが素敵なホテルは、至る場所から海を望むことができ、時間の流れと共に変化する海の色を心ゆくまで堪能できます♪

 

ホテル浜比嘉島リゾートについては別の記事で詳しく紹介しているので、コチラも是非チェックしてくださいね◎

▼神の住む島にある「ホテル浜比嘉島リゾート」でのんびりホテルステイを満喫しませんか♪

 

▼ホテルの予約・詳細はコチラから!

 

 

<ホテル浜比嘉島リゾートの行き方>

マップコード 499 521 872*56
住所 〒904-2316

うるま市勝連比嘉202

 

 

 

Tripshot Villas Hamahiga(トリップショット ヴィラズ ハマヒガ)

 

 

比嘉集落に入ってすぐの場所にある「Tripshot Villas Hamahiga」は4室限定の“2階建てコンドミニアム型のプライベートヴィラ”。

 

 

全室オーシャンビューになっていて、テラスがついています。

近くにスーパーなどがないので、食材を買い込んで、テラスでバーベキューするのがこの宿の楽しみ方。コンドミニアムなので暮らしているかのような空間で時間を気にすることなく過ごせるのが魅力( ´∀`)

ファミリーやグループにおすすめです♪

 

▼ホテルの予約・詳細はコチラから!

 

 

<Tripshot Villas Hamahigaの行き方>

マップコード 499 550 472*28
住所 〒904-2315

うるま市勝連浜247-5

 

 

島全体にパワーがみなぎる「浜比嘉島」で、皆さんも、のんびりトリップしてみませんか♪

日帰りでも楽しめるし、数日かけて島時間を堪能するのもおすすめです。

ぜひ一度足を運んでくださいね ^ ^

Okinawa Holiday Hackers 編集部

この記事を書いた人:Okinawa Holiday Hackers 編集部

沖縄のおすすめスポットや、魅力的なヒト・コト・モノ、さらには一歩踏み込んだ沖縄旅行の楽しみ方やハウツーを紹介します。