定番にプラスしたい。沖縄の個性派みやげが見つかるセレクトショップ

マエシロ
2018.04.23 650 views

こんにちは、Okinawa Holiday Hackersのマエシロです。

 

沖縄旅行のお土産と言えば、ちんすこうや紅芋タルトが定番ですよね!定番もいいけど、たまにはちょっとちがったお土産を持ち帰ってみませんか?

 

ということで、沖縄県内各地のこだわりの品を集めたセレクトショップ『Okinawa Grocery (読み: オキナワ グロサリー)』をご紹介します。

 

Okinawa Grocery(オキナワグロサリー)とは

 

沖縄県内各地で作られている素材や見た目にこだわった食品・ハンドメイド雑貨を取り揃えているお洒落なセレクトショップです。お店オリジナルのお土産も販売していて、これがまたコンセプトも見た目も個性的!

 

 

他のお店にはあまり置いていない個性的な商品を見つけることができるので、沖縄に何回も遊びに来ているリピーターの方やちょっと人とは違ったお土産を買いたい!という方におすすめです。第一牧志公設市場の建物の外まわりに位置しているので、那覇観光のついでに寄れちゃいます。

 

今回はOkinawa Grocery(オキナワグロサリー)で見つけたこだわりの手みやげを一部紹介します♪

 

こだわりを一瓶に!見た目も可愛い” やんばるピクルス”

 

このピクルスは沖縄の名護市にある「Cookhal(クックハル)」というカフェ兼アンテナショップが作っているオリジナルピクルスです。ここのピクルスは詰め方にもこだわっていて、見た目がカラフルで可愛いものばかり!食べるのが惜しく、ずっと飾っておきたくなっちゃいます。

 

 

材料は自然豊かなやんばる(沖縄本島北部)で採れた栽培時農薬不使用の ”旬の野菜” を使用。その時々で採れた旬の野菜を使用しているので、一つずつ見た目も中身もちがっていて同じものがありません。買うときには自分のお気に入りの瓶を探しだす楽しさがありますよ♪

 

 

隠れ家レストラン誠平の手作り”コーディアルシロップ”

 

沖縄の今帰仁村にある隠れ家的なレストラン「atelier café bar誠平(アトリエカフェアンドバーせいへい)」手作りの”コーディアルシロップ”。その個性的な商品名とデザインに『なにこれ?』と惹き込まれる人も多いはず。ちょっとミステリアスな雰囲気の沖縄コーディアルです。

 

コーディアルとはイギリス発祥の伝統的なドリンク。ハーブやフルーツ、生姜などをハチミツや砂糖などに漬けこんで作られたシロップを水や炭酸で割って楽しみます。ハーブやフルーツの成分を気軽に摂取できる飲み物として色々な国で親しまれています。

 

 

写真の左側に写っている中身が赤い瓶が「真夜中のサーカス」。真夜中のサーカスはザクロ・クランベリーがベースのシロップで、炭酸水で割ったらベリー系のジュースとして楽しめそう。

 

写真の右側に写っている中身が赤い瓶が「Citron Gingembre CORDIAL(シントロジンジャーコーディアルシロップ)」。シントロジンジャーコーディアルはレモンとジンジャーがベースになっているシロップで、あったかい紅茶なんかに混ぜても美味しそう♪

ここのシロップも中身にこだわっていて、厳選した沖縄県産食材やオーガニック素材を添加物などを使わずに県産黒糖やハチミツで漬けて作られています。自分の好きな飲みたかたを見つけて楽しめるのもコーディアルシロップの醍醐味です!

 

ちょっとシュールな沖縄おもしろカルタ

 

ゆるくて面白い琉球玩具を作っている「玩具ロードワークス」の定番商品。沖縄独特の言葉が書かれた ”沖縄おもしろカルタ”。

 

 

シュールなイラストに添えられたゆるい言葉に思わず、クスッとしちゃいます笑。沖縄の言葉を楽しく知ることができるので、沖縄好きな方におすすめです!

 

 

”自分勝手”なオリジナル手染めてぬぐい

 

沖縄の南城市にある工房「Doucatty(ドゥキャティ)」さんの手染め手ぬぐい。Doucattyとは実は沖縄の方言「どぅかってぃー=(自分勝手)」に英字をあてたものだとか。布に一つ一つ丁寧に描かれたデザインは、どれも手ぬぐいとは思えないほどカラフルで自由な絵が描かれています。自分勝手という名前と裏腹にどこか温かみが伝わってくる商品でした。

 

 

 

またお店には、このDoucuattyの布で包まれたOkinawa Grocery ( オキナワ グロサリー)のオリジナル商品も置かれていました。

 

 

左側に写っているのは首里城でも提供されている、”銀毛”という希少な茶葉を使ったさんぴん茶。そして右側に写っているのは日本で一番収穫が早いと言われている沖縄の国頭村 奥集落(くにがみそん おくしゅうらく)で採れた緑茶です。

 

え、本!?遊びごころ溢れる手みやげ

 

これはOkinawa Grocery ( オキナワ グロサリー)のオリジナルのお土産。文庫をイメージしたパッケージの中には、厳選された沖縄の食品が入っています。

 

左:およそ1ヶ月かけて作られた沖縄の粟国島原産の「粟國の塩(あぐにのしお)」

真ん中:オキナワグロサリーオリジナルブレンドの「珈琲バック」

右:西表島産のさとうきびを使った「尚和三盆糖」

 

 

 

中には、商品と一緒にその食材について書かれた文学作品からの抜粋ペーパーも入っており食べるだけじゃなくて読んでも味わえるお土産です。

 

県内各地のこだわりの品がここで一気に楽しめる

 

いかがでしたか?沖縄県内各地作られたこだわりの品々。これを一つずつ買おうと思ったら、県内各地を巡らないといけなくなりますがここOkinawa Grocery ( オキナワ グロサリー)では一気に見ることができるのでおすすめです。

 

 

その商品のストーリーに惚れ込んだら、直売店へ足を運んで二度楽しむのももちろんありです♪

 

いつもの定番のお土産にプラスして、旅の思い出にたまには個性派みやげを持ち帰ってみてはいかがですか?

 

<Okinawa Grocery ( オキナワ グロサリー)>

営業時間 11:00〜19:00
定休日 無休 (臨時休業あり)
駐車場 なし(近隣の有料駐車場をお使いください)
マップコード 33 157 264*63
住所 〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-10-1 牧志第一公設市場

※第一牧志公設市場の外周に店舗があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マエシロ

この記事を書いた人:マエシロ

社会人になり自由に使えるお金を手にしてから味をしめて、年に平均5回は出かける旅行好き。旅行のときは、⒈に食べ物、⒉に観光派。