新しく生まれ変わった「万座毛」に行ってみた!

ゴマ
2020.10.21 459 views

どーも!はいたい♪

Okinawa Holiday Hackers のゴマです^^

 

みなさんは、沖縄本島北部にある万座毛に行ったことはありますか?

 

万座毛はむかし、琉球国王が「万人が座するに足る毛(野原)」と言ったことが名前の由来になっているそうです。

観光名所としても多くの人が行く万座毛は、琉球石灰岩からなる絶壁と象の鼻に似た奇岩が見どころ!沖縄海岸国定公園でもあります♪

 

今回は、そんな万座毛のお土産屋さんと駐車場部分が2020年10月2日から新しく生まれ変わったとのことで、さっそく行ってみました!

 

 

県民としては、昔から見慣れた入口と全く違うことに驚き!

駐車場も広く、運転に不慣れな人にも駐車がしやすくなっていました。

 

 

出来立てほやほやの館内は、2階建てになっており、1階には休憩所やお土産屋さんが設けられています。

 

 

万座毛の一番の見どころでもある、象の奇岩への観覧入口も1階にありました!

観覧券の購入には券売機が対応してくれます。

多言語対応もされているので、海外の方にも安心です♪

 

観覧料:100円(小学生未満:無料)

 


ココから先は観覧料がかかる区間になります。

 

昔の万座毛も好きですが、新しいこの万座毛はここを超えると絶景が見える作りになっていて、ワクワクします♪

 

 

あいにくの曇り空ですが、海と絶壁の組み合わせは見ごたえ抜群!

万座毛は風が強いので、帽子やストールをしている人は飛ばされないように~♪

 

 

広い野原をぐるっと一周すると、建物の2階部分に誘導されるような道筋になっています。

 

▼ちなみに、お天気が良いとこんな感じです♪

 

2階部分にある自動ドアを境に観覧料がかかる区間とはお別れです。

 


 

2階はフードコートのようになっていました^^

1階から行くこともでき、観覧券を購入しなくても利用できます♪

 

 

フードコートには、沖縄そばやタコライスなどの沖縄王道メニューからカツ丼などのガッツリ飯、サーターアンダギーで有名な「三矢本舗」などが連なっています♪

 

 

せっかくのサーターアンダギー専門店ですが、初めて目にする一日100個限定のタピオカ粉を使用した「琉球三矢ボール(通称:ドラゴンボール)」を食べてみることにしました^^

 

琉球三矢ボール 100円

 

表面はサクッと、中はモチっと軽い食感、味はサーターアンダギーがほのかに香る感じがなんだかくせになります♪

 

同じフロアには、ガラス越しに風景を眺められるスペースとテラス席があり、風の気持ちいい季節には心地よい空間になっていました。

 

 

いかがでしたか?
一度訪れたことのある人は、昔の見慣れたローカルな風景と違い少し寂しさを感じますが、環境維持や快適な設備を利用できると思って、みなで楽しめるといいですよね♪

 

〈万座毛〉

営業時間 4月~10月 8:00~20:00

11月~3月 8:00~18:00

休館日 年中無休
地図 〒904-0411

沖縄県国頭郡恩納村恩納

 

ゴマ

この記事を書いた人:ゴマ

沖縄生まれ・沖縄育ちの台湾人。 自らのアイデンティティを探るべく、台湾留学をしたものの更にわからなくなり、帰沖就職。 沖縄と台湾どっちだなんて決められない。