【伊江島タッチュー登山】体力ない私が城山に登ってみる

初対面で「学生の頃は何かスポーツを?」って言ってくる人苦手。

オキナワ・ホリデー・ハッカーズの石井です(╹◡╹)ノ

 

今回私が行ってきたのは、

美ら海水族館から海の向こうに見える離島。

 

その名も

 

伊江島とは、4,534人(※2019年9月末現在)が住む、沖縄本島からフェリーで約30分で行ける離島。

 

毎年ゴールデンウィーク時期に開催される「伊江島ゆり祭り」では、フェリー乗り場に長蛇の列ができるほど沖縄屈指の人気イベントとなっています ^ ^

 

■参考記事

2019年 伊江島ゆり祭り初日に潜入!開花状況や本部港の臨時駐車場、シャトルバスの情報も!

 

 

今回は私、石井文月が伊江島のシンボルである山

「伊江島タッチュー」の登頂に挑戦しました!!

 

 

 伊江島タッチュー とは?
正式名称は「城山(ぐすくやま)」

 

伊江島タッチューとは、島の中央やや東寄りにそびえ立つ標高およそ172mの岩山。

島民からは「グスク」や「グスクヤマ」と呼ばれていて、島外からは「伊江島タッチュー 」の名で親しまれています♪

 

ちなみに伊江島タッチューの「タッチュー」とは、沖縄の方言で “先端がとがってるもの” という意味。

 

登山をしたい方はここ「城山登山口」からスタート。

 

<城山登山口の基本情報>

駐車場 あり・無料
マップコード 553 157 782*46
住所 〒905-0501

沖縄県国頭郡伊江村字東江上

備考 駐車場付近にはトイレと売店があります。

登る前にトイレを済ませ、売店で飲み物を買ってから出発しましょう。さらに、熱中症対策として日除け帽子やタオルを持参することをおすすめします。

 

 

石井文月 a.k.a. もやしっ子
登頂を目指す

 

 

駐車場付近にある売店でキンキンに冷えたさんぴん茶1本を購入し、登山スタート!!城山登山口から合計291段の階段を登り、登頂を目指します。

 

できるだけ身軽で登山したかったので、飲み物・日除け帽子・スマホ以外はすべて車に置いていきました。

 

 

沖縄本島の小学校では修学旅行として伊江島に行って、城山に登るという学校が多いです。

小学生でも登れてるんだから余裕っしょ ^ ^!

と自身に満ちあふれながら登ること5分

 

階段一段一段が急すぎない?足痛い。帰りたい。

 

登山開始から5分で “小学生以下の体力” を披露してしまいましたw

 

 

 

当日は、見事な晴れっぷりでして…

 

 

直射日光を浴びながらの伊江島タッチュー登山は想像以上にキツかったです。

日除け帽子と飲み物があって本当によかった!!!頭から汗がダラダラ流れてくるのでタオルも持っていけば良かったな…と登山初心者は後悔しました。

 

私が登山した日は、蚊などの虫はいなかったですが不安な方は虫除けスプレー等を持っていくことをおすすめします◎

 

自分の疲れがちっぽけに見える思い出の一枚

 

 

そして遂に…
あのもやしっ子が…

 

登山を開始して約20分。

伊江島タッチューこと「城山」の登頂に

 

\\\ 大!成!!功!!!///

 

城山の山頂でしか見ることができない、伊江島全体を360度見渡すことのできる絶景。疲れた身体にしみ渡りました…!!

 

▼達成感で満ちあふれ中

 

オフスクレープ現象という、古い岩盤が新しい岩盤に潜りこむ中で一部が剥がれて新しい岩盤の上に乗る現象から作られた城山は、世界でここ伊江島でしか見られない珍しい現象で作られた山なんだとか!

 

 

伊江島に来たら絶対に登りたい城山(ぐすくやま)

みんなの伊江島旅行の参考になりますよーに(╹◡╹)ノ

 

■伊江島へ近いホテルを探す

 

■おすすめ沖縄ツアー

石井 文月 (いしい ふづき)

この記事を書いた人:石井 文月 (いしい ふづき)

大阪生まれ・埼玉育ちのかに座。 満員電車で通勤する自分が想像できなくて沖縄で働くことを決心し、来沖。猫背が悩み。