コマカ島でシュノーケリング!沖縄のビーチをとことん楽しむビーチハックツアー第3弾(南城市編)

Okinawa Holiday Hackersフォロワーのみなさ〜ん!はいたーい!!

 

 

7月に沖縄のSNSメディアおきなわLikesさんと一緒に開催した、沖縄のビーチを120%楽しむ!夏休み特別企画・・・

 

Okinawa Holiday Hackers × おきなわLikes

【ビーチハックツアー♪】

 

第1弾、第2弾ともに大好評だったということで、第3弾を開催します〜\(^o^)/ (ヒューヒュー♪)

 

 

ビーチハックツアー?なんのこっちゃ???

という方はこちらの記事をお読みください▼

 

国頭村の魅力的なビーチを紹介した第2弾!

見逃したかたはコチラ▼

 

 

第3回目のビーチハックツアーは、本島最南部に位置する【南城市】が舞台!

 

無人島 『 コマカ島 』でのシュノーケリングも体験して来ますよ♪

ツアーは・・・

 

【 本日(2018年8月7日)に開催しました!!】

 

前回同様、見ている人にもっとリアルにビーチハックツアーの魅力をお届けしたいっ!

 

・・・ということで、ツアーの様子はなるべくリアルタイムで!!!

▼各SNSのストーリーズなどでご紹介していきます ^ ^

 

 

 

※リアルタイムでのストーリーズの配信は終了しました!配信したストーリーズは、Okinawa Holiday HackersのInstagramのハイライトにまとめてあるので気になった人は見てみてください。

 

 

さて!ビーチハックツアー第3弾の『 旅のしおり 』はコチラっ♪

 

ビーチハックツアー(南城市)
旅のしおり

 

9:15  コマカ島でシュノーケリング

 

みなさん、南城市に『 コマカ島 』という無人島があるのを知っていましたか^ ^?

 

あざまサンサンビーチ近くの知念海洋レジャーセンターから、船で約15分で行くことができるんです。事前に予約をすれば、手ぶらでシュノーケリングやマリンアクティビティが楽しめますよ♪

 

 

船の予約は、電話でも可能です!

今回私たちは価格もお得で便利 だったので、予約サイトOne Two Smile ACTIVITIESから予約しました。

 

 

島には木陰が少ないので、熱中症にならないためにもパラソルをレンタルすることをおすすめします!知念海洋レジャーセンターにてレンタル可能です。

 

日陰でのんびりしたら、ちょっと島をお散歩。桟橋の反対側に、眺めが素敵なスポットを発見しました♪

 

 

とても綺麗なコマカブルーの海!

 

こちらはインストラクターなしで泳ぐことが禁止されているエリアなので、眺めを楽しむだけがオススメです。

 

お散歩が終わったところで、いよいよシュノーケリングへ \( ˆoˆ )/

今回時間が合わなかったので、シュノーケリングツアーには申し込まず、シュノーケルセット(4点)を借りて自分たちで楽しんできました♪

 

潜ってみるとビックリ!

カラフルな熱帯魚たちや、タマンなどの大物の魚をとても近くでみることができました。

 

 

沖縄で人気の高級魚”タマン”

 

ツアーに申し込むと、インストラクターさんが島の周辺のシュノーケリングスポットへ連れって行ってくれます。(次回は、ハッカーズも挑戦しようっと!)

 

<コマカ島の基本情報>

シャワー・更衣室 あり(知念海洋レンジャーセンター敷地内に完備)
トイレ あり(島内にもあります)
駐車場 あり(知念海洋レンジャーセンター敷地内に完備)
マップコード

33 024 473*40

※マップコードは、カーナビの目的地設定で利用することができます。(マップコード対応機種に限ります)

住所 〒901-1511知念久手堅676

 

 

13:00 食堂カリカで海を眺めながらランチ

 

せっかくのビーチハックツアーなので、お昼も海で楽しみたい!

ということで、知念海洋レジャーセンターから車で約15分、新原(ミーバル)ビーチにあるネパール料理のお店「食堂カリカ」行きました。

 

絶景カフェが多い南城市ですが、ビーチでランチを楽しめるのはココだけ♪

 

 

入り口から景色が素敵でテンション上がります〜( ^∀^)

 

奥に進んで行くと….真っ白なビーチ上に爽やかなパーラー風のお食事イートインスペースが広がっていました。

 

 

お店の外観は、全て貝殻でデコレーションされていて可愛かったです♪

 

 

食堂カリカのメインのメニューは、ネパールカレー。

 

 

私たちは、チキンカレーとほうれん草チキンカレーをチョイスしました。

 

 

どちらもピリッとスパイスが効いているので、辛いもの好きにはおすすめです。お店お手製のラッシーをプラスすると、さらに美味しく楽しめますよ(^ ^)

 

<食堂カリカの基本情報>

営業時間 10:00~20:00LO(季節により変動有り)日曜営業
定休日 5月〜10月 水曜日の夕方まで。

11月〜4月 水曜日。と台風、大雨の日

駐車場 あり
住所 〒901-0603 沖縄県南城市玉城百名1360

 

 

14:00 新原(ミーバル)ビーチを散歩

 

ランチのあとは、新原ビーチをお散歩♪

食堂カリカでお食事をすると90分は駐車無料なので、腹ごしらえをした後は新原ビーチをのんびり楽しむのがおすすめです。

 

 

目の前に広がるパステルブルーの新原ビーチは、眺めているだけで癒されました。

 

今回時間がなくなったので、百名ビーチはおあずけ。また次の機会にご紹介しますね!

 

<新原(ミーバル)ビーチの基本情報>

駐車場 あり(有料)
住所 〒901-1400 沖縄県南城市玉城百名1360

 

 

 

15:00 奥武島(オウジマ)をぶらり散策

 

本島と奥武島を繋いでいる橋の上からの景色を楽しんだり、海を眺めながら島名物の天ぷらを食べるのが奥武島の楽しみ方♪

 

 

じつは、奥武島名物の天ぷらを売っているお店が2つあるのを知っていましたか?

 

一箇所は奥武島ビーチのすぐ近くにある「大城てんぷら店」です。

 

瓦屋根のお店と、ガジュマルの木が沖縄らしい雰囲気を醸し出しています♪

 

残念ながら、ガスの点検が入ってしまい私たちは食べることができなかったのでまたリベンジしたいと思います!

 

★Instagramのフォロワーさんからの情報によると、もずく天ぷらがオススメだそうですよ♪★

 

<大城てんぷら店基本情報>

営業時間 11:00〜18:00(夏期は19:00まで)
定休日 月曜日
マップコード 232 437 863*88

※マップコードは、カーナビの目的地設定で利用することができます。(マップコード対応機種に限ります)

住所 〒901-0614 沖縄県南城市玉城奥武193

 

もう一つの天ぷら屋さんは、本島から橋を渡ってすぐ右手にある「中本鮮魚店」

 

 

ここの天ぷらは衣にだしが混ぜられていて、衣がふわふわで美味しかったです( ´∀`)

 

 

中本鮮魚店の「魚天ぷら」は旬の獲れたて魚を楽しむことができるます!時期によって、種類がちがうので色々な魚を楽しむことができますよ♪

 

<中本鮮魚店基本情報>

営業時間

10月~3月 10:00~18:00

  4月~9月 10:00~18:30

  1月1日 6:00〜17:00

  1月2日 9:00〜17:00

※ウークイ(旧盆)・大晦日 17:00閉店

定休日 年により変更があるので公式ホームページでご確認ください。
マップコード 232 467 296*62

※マップコードは、カーナビの目的地設定で利用することができます。(マップコード対応機種に限ります)

住所 〒901-0614 沖縄県南城市玉城奥武9

 

 

17:00 奥武島の休憩スポット”パーラーまいむ”

 

 

ここは奥武島で見つけた、地元の人で賑わっているパーラー「まいむ」。お店の前にあるガジュマルの木陰のイートインスペースが素敵で、ついつい寄っちゃいました♪

 

沖縄のデザートといえば、かき氷が上にのった”冷たいぜんざい”

パーラーまいむでは、色々な種類のぜんざいを楽しむことができます。

 

 

今回は、ミルクぜんざいを注文しました。

暑さにちょっとバテてしまった身体に、ミルクぜんざいの冷たさと甘さが染み渡ります〜!

 

 

ひと涼みできたところで、サンセットを見るために南城市から移動〜!!

 

19:00 美らSUNビーチでサンセットタイム

 

南城市は沖縄本島の東海岸に位置するため、サンセットを見るためにはもっと南下するか、西海岸に移動するのがオススメ!

 

 

南城市から移動するなら、空港から車で約15分の豊見城市にあるサンセットスポット「美らSUNビーチ」がおすすめです。

 

 

ビーチハック第3弾いかがでしたか?

みなさんの沖縄旅行の参考になればうれしいです ^ ^

 

また夏の終わりに最終回、第4弾を開催しますのでお楽しみに!!

 

※ビーチハックツアー第3弾の様子をリアルタイムでInstagramストーリーズでも配信しました。Okinawa Holiday Hackers のInstagramのハイライトに保存しているので、気になった人は見てみてください。

 

 

 

 

 

Okinawa Holiday Hackers 編集部

この記事を書いた人:Okinawa Holiday Hackers 編集部

沖縄のおすすめスポットや、魅力的なヒト・コト・モノ、さらには一歩踏み込んだ沖縄旅行の楽しみ方やハウツーを紹介します。