【観光スポット】イルミネーションだけじゃない!東南植物楽園の歩き方。

ゴマ
2021.10.25 213 views

みなさん、はいたーい!Okinawa Holiday Hackers のゴマです♪

 

沖縄もやっと秋の雰囲気を感じるようになってきました^^

そんな今回は、森林浴や動物とふれあえる「東南植物楽園」の最高な歩き方をご紹介!

 

 

フォトジェニックの宝庫『植物園』

 

まずは、東南植物楽園にきたら入るべき場所「植物園」へ

入口から冒険映画の中に迷い込んだかのような雰囲気。

 

▼ここの有名スポットの物マネしてます^^

 

『日本一のユスラヤシ並木通り』

 

東南植物楽園を代表する光景でもある

日本一のユスラヤシ並木を見ることができます♪

 

「ユスラヤシ」は寒い所が苦手な植物なので、日本でこの規模でこんなにも生育している姿が見れるのはここしかありません♪

 

 

スピリチュアルスポットでもあるそうで、なんだか足が長く見えます^^ありがたい。

 

▼見上げた景色も綺麗です

 

もちろん「植物園」内には、この他にも沢山のフォトジェニックがあるので、綺麗な光景を楽しみながら森林浴を楽しむのも最高です♪

 

 

動物とのふれあいや餌やり体験

 

森林浴を終えた後は、もふもふターイム!

 

「東南植物楽園」のふれあい広場

 

東南植物楽園には動物とのふれあいができる広場があり、うさぎやモルモット、カピバラ、リスザル、ヤギなどなど、思わずもふもふしたい動物が勢揃いしています♪

 

 

新スポット「カピバラ牧場」

今年7月にオープンした新スポットには、5匹のカピバラ家族と柵なしで接することができます!

 

とても人馴れしているようで、目の前を通ったり真近でくつろぐ姿も癒しです^^

 

 

バードオアシス

 

鳥好きにはたまらないほど、近距離で鳥を見ることができます♪

目の前に近づいてきたり、頭上を飛んでいくなど、サービス精神旺盛な鳥たちと出会えますよ^^

 

 

イルミネーション期間は1日入場券がおすすめ♪

 

東南植物楽園は、豪華なイルミネーションを楽しめる名所でもあります♪(今年2021年は、10月22日~5月29日まで開催予定)

 

▼今年は「そらとぶピカチュウプロジェクト」の特別エリアも登場♪

 

毎年開催される『イルミネーションアワード』でも2019年度に【特別賞】、2020年にはイルミネーション部門【7位】にランクインしています♪

 

イルミネーションアワードとは…


全国5,880名の夜景鑑賞士(夜景鑑賞士検定の有資格者)とイルミネーション鑑賞士(イルミネーション検定の有資格者)を対象に、日本各地の施設から「実際に行ってみてよかった前シーズンの冬季イルミネーション」という項目でアンケートが実施され、得票ポイントで競われます。

 

▼2020年のイルミネーションはこんな感じでした^^

 

イルミネーション開催期間中は、1日入場券を購入すれば昼夜どちらの魅力も味わうことができるので、とってもおすすめ^^ 出入りも自由となります!

 

 

みなさんも家族や友人と自然を存分に味わえる『東南植物楽園』を散策して満喫しませんか?

 

\沖縄県民限定【最大50%OFF】のお得な情報/

2021年11月1日(月)~2022年2月28日(月)までの期間中おきなわ体験最大50%OFFキャンペーンを利用すると、対象施設にて表示価格から1人あたり最大50%OFF(上限10,000円)でお得に楽しめちゃいます♪

このキャンペーンは沖縄県内の観光施設と体験事業者を支援するための沖縄県の事業となります!

※新型コロナウイルス感染症の状況等により、キャンペーン利用対象者の地域を拡大する場合があります。

 

▼キャンペーンを使ったご予約はコチラから!

※ご予約の際は、下記クーポンコードを入力、利用料金を確認の上ご購入ください。

クーポンコード:OKINAWA50

 

・お昼の東南植物楽園を楽しむならコレ!

 

・両方とも楽しみたい人にはコレがおすすめ!

 

・イルミネーションのみもあるよ!

 

▼2019年度のイルミネーションレポート

 

【東南植物楽園】

営業時間 【2021年10月21日(木)まで】

9:00~18:00時(最終受付17:00)

 

【イルミネーション開催期間】

2021年10月22日(金)~2022年5月29日(日)

9:00~22:00(最終受付21:30)

駐車場 あり・無料
場所 〒904-2143

沖縄県沖縄市知花2146

ゴマ

この記事を書いた人:ゴマ

沖縄生まれ・沖縄育ちの台湾人。 自らのアイデンティティを探るべく、台湾留学をしたものの更にわからなくなり、帰沖就職。 沖縄と台湾どっちだなんて決められない。