みんなも食べて♪沖縄県民がこよなく愛するソウルフード「ポークたまごおにぎり」

オキナワホリデーハッカーズをご覧のみなさん、ハイサーイ♪突然ですが、秋といえば?

 

「食欲の秋〜!!!」

 

というわけで、今回編集部では食欲の秋にふさわしい沖縄のご当地グルメ「ポークたまごおにぎり」を紹介していきます (^o^)/

 

 

\ ポークたまごおにぎりとは? /

沖縄県民のソウルフードと言われている「ポーク缶」を使った料理で、焼いたポークとたまごをご飯で挟んだものです。沖縄では家庭によって作り方やアレンジの仕方もさまざま。シンプルにうまいやつなのです (´∇`)

 

 

ポークたまごおにぎり本店

 

▼北谷アメリカンビレッジ

 

沖縄のソウルフードであり家庭の味「ポークたまごおにぎり」が食べられるお店がこちら!

「ポークたまごおにぎり本店」

 

オーソドックスなPTO(ポークたまごおにぎりの略)からアレンジの効いたPTOまで、いろんな種類が味わえます。

 

 

バリエーション豊かなPTOメニュー

 

【ねり梅】250円(税込)

【ねり梅】250円(税込)

 

見た目はスタンダードなPTO。

トッピングで梅のペーストが入っています。梅の酸味がポークとたまごの旨味を引き立て、味のアクセントに。梅好きな方はぜひ食べてみてね♪

 

【チキナー】290円(税込)

 

チキナー=からし菜を塩漬けしたもの

シーチキンと一緒に炒められたチキナーがトッピングで入っています。お野菜も一緒に摂れるので栄養バランスもバッチリ!!

 

【ナーベラ天と自家製油味噌】390円(税込)

 

ポークとたまごにナーベラ(ヘチマ)の天ぷらと油みそがはさまっています。ポークの塩辛さとみその甘さ、ナーベラのジューシーさが絶妙にマッチした一品!

揚げたてのナーベラ天は、テイクアウトよりもその場で食べたほうがおすすめです。

 

【揚げポーたま】450円(税込)

 

揚げた海苔で、ご飯とポーク、たまご、タルタルソースを包んだ一品。

 

海苔と海苔の間にチーズIN (〃▽〃)

 

タルタルに入ったわさびの茎と海苔にはさまれたチーズがおいしさの決め手!!

見た目よりもボリュームがあって食べ応えも◎

がっつり食べたい!という方におすすめです。

 

【タコペーニョ】450円(税込)

 

ポーク、たまご、トマトフライ、タコスミート、チーズ、大葉がはさまった、ソースをかけて食べるタイプのPTO。

トマトと大葉、野菜コンビのおかげで、見た目よりも以外とあっさりしています。

分厚いトマトのジューシーさは、トマト好きの方ならきっとお気に召すはず♪

 

 

さて、気になるメニューはありましたか ^o^?

 

ポークたまごおにぎり本店は、那覇空港と那覇市牧志、北谷町美浜、博多(福岡県)にあり、店舗によって限定メニューが異なります。

 

なので、お目当のメニューがあるお店に足を運ぶのがおすすめですよ〜♪

 

▼チェック▼

ポークたまごおにぎり本店 メニュー一覧

 

みなさんも、出来立て・食べ応えバツグンの沖縄の味「ポークたまごおにぎり」をご堪能あれ(╹◡╹)♡

 

 

北谷アメリカンビレッジにあるポークたまごおにぎり本店なら、海を眺めながらポークたまごおにぎりを味わえますよ♪

 

\ 沖縄グルメは他にも /

 

 

 

 

 

 

<ポークたまごおにぎり本店の基本情報>

那覇空港国内線ターミナルビル1階

[営業時間]7:00〜22:00

[定休日]年中無休

[駐車場]有

[MAP CODE]33 123 279*00

[住所]〒900-0014

沖縄県那覇市鏡水150

那覇空港国内線ターミナルビル1F

 

牧志市場

[営業時間]7:00〜17:30

[定休日]水曜日

[駐車場]無し 

[MAP CODE]33 157 323*00

[住所]〒900-0014

沖縄県那覇市松尾2-8-35

 

北谷アメリカンビレッジ

[営業時間]7:00〜20:00

[定休日]年中無休

[駐車場]有

[MAP CODE]33 525 349*33

[住所]〒904-0115

沖縄県中頭郡北谷町字美浜9-21

 

博多 櫛田表参道

[営業時間]7:00〜21:00

[定休日]年中無休

[駐車場]無し

[MAP CODE]13 319 833*35

[住所]〒812-0039

福岡県福岡市博多区冷泉町3-15

 

■おすすめ沖縄ツアー

Okinawa Holiday Hackers 編集部

この記事を書いた人:Okinawa Holiday Hackers 編集部

沖縄のおすすめスポットや、魅力的なヒト・コト・モノ、さらには一歩踏み込んだ沖縄旅行の楽しみ方やハウツーを紹介します。