とっておきの休日を沖縄で過ごすならここ!古宇利島にある贅沢な1棟貸切宿!

皆さんは、“記念日や特別な日”

誰とどんなふうに過ごしたいですか!?

 

今回ご紹介するのは、ご家族、ご夫婦、友人や同僚と。どんなシーンにもマッチする古宇利島にある1棟貸切のお宿

 

 

車で渡れ海に囲まれた古宇利島は、人気の観光施設やパワースポットがあり、海水浴も楽しめ、沖縄の自然と観光を堪能するには最高の島。

 

皆さんもぜひ古宇利島でゆっくり過ごしませんか^^

 

おすすめの宿①
Hanalee Villa Kouri(ハナリ ヴィラ コウリ)

 

写真提供:Hanalee Villa Kouri

 

Hanalee Villa Kouriは、古宇利島の北西の高台に位置した、3棟限定のお宿。

古宇利島を一望できる眺望の良さが人気のヴィラです。

 

写真提供:Hanalee Villa Kouri

 

しかも、なんと!

全棟にプライベートプール付き♪

 

テラスからは、古宇利島の人気パワースポット「ハートロック」を遠くに見ることができ、海に沈む最高のサンセットがご覧いただけます。

 

海も空も独り占めしているような感覚が味わえるのは、少し高台に位置するこの宿ならでは♪

 

夜はライトアップされムード満点◎

写真提供:Hanalee Villa Kouri

 

日常とかけ離れたロケーションと贅沢な空間は、まさにリゾート!

 

写真提供:Hanalee Villa Kouri

 

写真提供:Hanalee Villa Kouri

 

各ヴィラは、主賓室とツインルーム、リビングで構成され、主賓室にはクイーンサイズのベッド、ツインルームにはシングルベッドが2台。

ご夫婦やカップルでの利用はもちろん、家族旅行や女子旅にも最適です

 

 

写真提供:Hanalee Villa Kouri

 

共有のガーデンデッキからの眺めも良く、晴れた日には、青空だけでなく、夕焼けに染まった空が水盤に映り込み、幻想的な景色がご覧いただけます。

 

Hanalee Villa Kouriで、贅沢なひとときと、忘れられない島時間を過ごしてみませんか(*´꒳`*)

 

澄んだ空気の中、時間と共に表情を変える海を心ゆくまでお楽しみください。

 

▼Hanalee Villa Kouri詳細

 

MAPCODE 485 722 420*00
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2228-2

 

合わせてcheck!/

 

 

 

おすすめ宿②
ラ・カシータ古宇利島

 

写真提供:ラ・カシータ古宇利島

 

ラ・カシータ古宇利島は、古宇利大橋を渡りちょうど島の反対側に位置。

絶景のロケーションと朝食が人気の1日1組限定のお宿です♪

 

写真提供:ラ・カシータ古宇利島

 

室内は、琉球漆喰をはじめ自然素材を多用し、家具やインテリアは「アジアの中の沖縄」のイメージを主体にオリエンタルな雰囲気を取り入れた落ち着いた空間。

 

写真提供:ラ・カシータ古宇利島

 

写真提供:ラ・カシータ古宇利島

 

テラスは海側と山側に設けられ、

海側のテラスにはオーシャンビューのジャグジー、山側のテラスにはサンベッドが用意されています。

 

心地よい風を感じながら読書をしたり、お昼寝をしたり。夜は、ジャグジーに入りながら”満天の星”を眺めたり。

 

沖縄の自然の中で、ゆったりと流れる時間を感じることができます。

 

オーナー手作り評判の朝食

 

写真提供:ラ・カシータ古宇利島

 

ロケーションや部屋の雰囲気もさることながら、ラ・カシータ古宇利島は、オーナーさんの心遣いに魅了され、リピートされる方も多く、その一つが“手作りの朝食”。

 

季節の食材や古宇利島で生産された食材などを使った食事は、美味しくてボリューム満点!!フルーツもたっぷりで、自家製酵母の手作りパンは絶品♪

 

写真提供:ラ・カシータ古宇利島

 

ラ・カシータ古宇利には、他にも、水着専用の洗濯機があったり、アメニティが充実していたりと、 宿泊してみないと分からない小さな感動がたくさんあります(^^)

 

“1泊じゃ物足りない”

訪れた人を魅了して止まない、ラ・カシータ古宇利島で、のんびり贅沢な時間と美味しい朝食を皆さんも味わってみませんか。

 

▼ラ・カシータ古宇利詳細はこちら

 

 

MAPCODE 485 722 875*86
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2593-4

 

Okinawa Holiday Hackers 編集部

この記事を書いた人:Okinawa Holiday Hackers 編集部

沖縄のおすすめスポットや、魅力的なヒト・コト・モノ、さらには一歩踏み込んだ沖縄旅行の楽しみ方やハウツーを紹介します。