沖縄でうなぎ?!食欲の秋に嬉しい今帰仁産うなぎが食べれるお食事処に行って来た~!

ゴマ
2018.09.05 857 views

みなさん、こんにちは。Okinawa Holiday Hackersのゴマです!

 

今年の夏は沖縄が避暑地となるほど不思議な夏になりましたね~。

 

そろそろ食欲の秋、夏に受けたダメージは秋に修復されると言われる大切な季節がやってきます。

そんな季節にも心強いのがなんとうなぎ!

 

うなぎには豊富な栄養がバランス良く含まれているので、夏バテ防止だけでなく英気を補いたいときにはいつでももってこいなんですよ☆

 

ということで、今回は体にエールを送るべく今帰仁産ウナギが食べれる「やんばる花咲食堂」をご紹介しま~す☆(*゚∀゚)

 

 

やんばる花咲食堂とは?

 

 

こちらの「やんばる花咲食堂」は、食材と手作りにこだわっている丼ぶり専門店

 

丼ぶりに使われている食材はどれもやんばるや今帰仁の美味しい食材を使ったものばかりで、うなぎも今帰仁の湧き水で育てられたうなぎを使用しているんです☆

 

そしてなんと、丼ぶりメニューに使われているタレは各丼ぶりにあった特製ダレを料理長が一つ一つレシピを変えて手作りでご提供しています!

 

→どれも好物☆

 

その他にセットメニューには季節によって異なる三点盛り、茶碗蒸し等がついているので四季折々で違った食材が楽しめるのも嬉しいですね~!

 

 

当店イチオシ丼ぶり、今帰仁産うなぎの蒲焼き!

 

→今帰仁産うなぎの蒲焼き丼ぶりセット

 

今や高級魚になりつつあるうなぎをこのお値段でこの量、その上美味しい♪
さらに、生産地もわかるので安心!

 

そして食べるとこれまた驚き、身がやっわらか~~い♪

 

→数年ぶりにうなぎを食らう!目が怖いくてすいません!

 

タレも特製だけあって身のやわらかさにマッチした味付け!

今帰仁の湧き水で育てられているのも魅力的ですよね~☆

 

ちなみにイギリス育ちのマリアはうなぎに抵抗があるようで…

 

→ヒィ~~~ドキドキするよ~!

 

→うわぁお~、うまいね~!

 

さすが、美味しいものは万国共通☆

 

 

肉の旨味がやわらかい食感と共に…アグーの肉汁がジュワーッ!

 

→今帰仁産金城アグーの炙り丼ぶりセット

 

初めてのアグー、想像を超えるやわらかさに君は豚だったのかい?と疑ってしまうほど。

 

それもそのはず、この今帰仁産金城アグーはただの豚では無かった!

 

琉球在来豚アグー血統証明書がある豚さんなのです☆

その上、餌はとうもろこしや発酵飼料、糖蜜、大麦、ビール酵母などと安心な飼料を使っているのもオススメポイントです!

 

 

やんばる若鶏と温泉たまごの最強タッグ!

 

→やんばる若鶏の香草焼き丼ぶりセット

 

若鶏だけあってぷりっぷりっとした食感に温泉たまごが絡んで想像通りの美味しさです。

 

香草も程よく香り苦手な人にもオススメ☆

 

 

おすすめは断然セットメニュー!

 

  • 季節の三点盛り(うち一品)

三点盛りは、季節によって内容が変わってくるのでこれも楽しみですよね~。

 

→サイドメニューもハズレ無し!

 

ちなみに私が感動したのはこちら!

色がビビットカラーと思って警戒していたら、なんとこれ紫キャベツの浅漬けなんです。
味はさっぱりとしていて、ガッツリ丼ぶりの間の箸休めとしていいですよ☆

 

 

  • 濃厚茶碗蒸し

→できたてホヤホヤ~フ~フ~

 

茶碗蒸しはうなぎの白焼きが入っているので、海鮮的アクセントが効いていていつもと違った茶碗蒸しが楽しめます!

 

 

  • 崎山さん家のとろ~りゆし豆腐

ゆし豆腐とは、型に入れる前のお豆腐で沖縄県民なら親しみ深いお豆腐!
お豆腐屋さんから直接仕入れているとのことで、とっても新鮮です!!(゚∀゚)

 

 

 

これら単品でも注文できますが、500円プラスすれば全てセットメニューで出てくるのがとってもおすすめ~♪(400円もお得♡)

 

さらに今ならここから予約するともっ~とお得に↓

 

 

 

お店の人もあったかくて、サイドメニューも美味しい上にうなぎは今帰仁産!

今度からうなぎが食べたくなったらここで決まりだ!

 

 

〈やんばる花咲食堂〉

営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー)

不定休

駐車場 あり・無料
マップコード 206 897 054*10
住所 〒905-0411 沖縄県国頭郡今帰仁村字天底1306-12
備考 ・美ら海水族館から車で約20分

・古宇利島から車で約20分

・許田インターから車で約25分

ゴマ

この記事を書いた人:ゴマ

沖縄生まれ・沖縄育ちの台湾人。 自らのアイデンティティを探るべく、台湾留学をしたものの更にわからなくなり、帰沖就職。 沖縄と台湾どっちだなんて決められない27歳。